松山市でリフォームを考えている方向け!洗面台の収納のコツをご紹介します!

2019/07/21
ロゴ

「洗面台っていつもなぜだか散らかっていて、上手く収納できないよ!上手に収納するコツはないのかな?」
「リフォームを機に洗面台の収納を増やしたいけど、どのくらいの収納にすればいいのだろう?」
このように、洗面台の収納が上手くいかず困っている方は多いかと思います。
そこで今回は「洗面台の収納のコツ」をご紹介します。


□洗面所をリフォームして新しい洗面台にする

まずはリフォームをして収納を増やす方法をご紹介します。
ほとんどの方はリフォームで収納を増やすと思うのですが、どのくらいの収納量にすればいいのかわからない方も多いと思います。
ここでは、リフォームする際の収納選びのコツをご紹介するので順番に見ていきましょう。

*八割収納ができる収納を選ぶ
見た目がスッキリとした収納を目指している方は、収納スペースの八割までで収納しきれる収納量のものをおすすめします。
九割や十割収納の場合だと、スペースに余裕がなく、物の出し入れがスムーズに行えない場合があります。
リフォームの際に、八割収納が可能なものを選ぶことで、スッキリとした収納ができるようになります。

*見せる収納と見せない収納を意識する
よく使う歯ブラシやコップ、タオル、せっけん、洗剤などは洗面台の見えるところに置くことがほとんどですよね。
そのため、それらのものを見せる収納として上手く活用するのが良いでしょう。
リフォームの際に、見せる収納を意識して、それ専用の棚などを設置することで、通常は雑に置いてあるように見える歯ブラシもオシャレに見せることができます。
また、使用頻度の低い、見せない収納にするものは、鏡裏収納や、洗面台下の収納に入れて見せないことを意識すると良いでしょう。


□洗面所をリフォームせずに、上手に収納するコツ

浴室などにリフォーム費用を回して、洗面台はリフォームなしにする場合でも収納のコツはあります。
ここでは、今ある収納スペースを活用して収納するコツをご紹介します。

*置くものの色を揃える
先ほどご紹介した、見せる収納と似ている部分なのですが、コップやせっけんのボトルなどの見えるものの色やデザインを同じにすると、スッキリとした印象になります。
コップなどは色によって誰のものかがわかるようにしていることも多いと思いますが、色を統一して、ロゴで区別するようにするとスマートな雰囲気にできるでしょう。

*カゴやファイルボックスを活用する
百円ショップなどに置いてあるカゴやファイルボックスは、スッキリとした収納にする上でとても役に立ちます。
ハンガーや、詰め替え用の洗剤など、種類によって分類することで、どこに何があるかわかりやすくなります。
また、同じカゴやファイルボックスを使うことで、中身がばらばらでも、一見すると統一感があるように見えます。


□まとめ

今回は「洗面台の収納のコツ」をご紹介しました。
洗面台は見せる収納を活用し、統一感を出すことでスッキリとした印象を与えることができます。
もし何かわからないことがありましたら、お気軽に当社にお問い合わせください。