長期優良住宅の特徴|松山市の中古住宅を長期優良住宅化リフォームなら

2019/07/11
ロゴ

「中古住宅をリフォームする際、長期優良住宅化リフォームをしたい」
とお考えの松山市の方は多いのではないでしょうか。
実際、リフォームで中古住宅を長期優良住宅化することには、様々なメリットがあります。
今回は、長期優良住宅の特徴・メリットや、そのリフォームの方法を紹介します。


□長期優良住宅とは

長期優良住宅とは、2016年に国が始めた、長期優良住宅認定制度の基準を満たす住宅のことを指します。
これは、いわば「国のお墨付き」をもらった住宅のことであり、長期優良住宅は、国の信頼を武器に様々な恩恵を受けることができるという特徴があります。
しかし、長期優良住宅として認められる条件の中には、厳しい耐震基準やバリアフリー設計基準が設けられているため、長期優良住宅化リフォームは簡単なことではありません。
ですから、長期優良住宅化リフォームを検討する際は、その難しさとメリットを天秤にかけなければならないでしょう。


□長期優良住宅化リフォームのメリット

*物件の価値が上がる

長期優良住宅として国からのお墨付きを得た物件は、売却時に高く売却することができます。
今後、長期優良住宅が増え、みんなが安心して中古住宅を買うことができるようになるとともに、中古住宅の人気は高まるといわれています。
未来の代に価値のある資産を残すという意味でも、長期優良住宅にすることには大きなメリットがあります。

*補助金がもらえる

現在、国は長期優良住宅を増やすために、長期優良住宅化リフォームに補助金を出しています。
この補助金は、基準による評価に応じて、上限はありますが、工事費用の1/3を補助してくれます。
実際に必要な費用の2/3で長期優良住宅化リフォームができる可能性があるのですから、この補助金を使わない手はないですよね。

 
□長期優良住宅化リフォームの難しさ

長期優良住宅化リフォームのメリットを見ると、やってみたいと思う方は多いかもしれませんが、実際にリフォームをする際には様々な困難があります。
その一つが、「評価基準の厳しさ」です。
長期優良住宅の評価基準には、断熱性や家の周辺環境なども含まれるため、中古住宅で基準を突破するには、なかなか大変な面があります。
また、長期優良住宅の申請も面倒で、国やリフォーム会社とのやり取りが複雑かつ時間を要します。
長期優良住宅の申請を考えている場合は、時間にゆとりがあると好ましいです。


□まとめ

今回は、長期優良住宅の特徴・メリット、そしてその難しさを紹介しました。
長期優良住宅化リフォームには難しい点は多々ありますが、非常に大きなメリットがあるので、予算や時間と相談して、実際に挑戦してみるのもよいかもしれません。
当社は住まいをもっと快適にするリフォームを承っております。
松山市のリフォームでキッチン・バスルームなどの水回りからリビングまで幅広くお客様のご不満を解決し、住み心地のよい我が家を実現します。
松山市でリフォームを検討されている方は、ぜひ当社をご検討ください。