マンションでの水回りリフォームをする際にかかる期間は?

2019/05/06
ロゴ

「マンションの水回りの設備をリフォームしたいけど、工事はどのくらいかかるの? 」
「工事中はどのくらい使用できないの?」
このようなお悩みの方はいらっしゃいませんか?
今回は、水回りのリフォームをマンションでお考えの方へ、工事にかかる期間と期間を短くするポイントをいくつかご紹介します。

□リフォームの工期


水回りのリフォームの期間はそれぞれの規模や場所によって期間が変わります。
そのため、以下でご紹介します。

*トイレのリフォーム工期
一般的なトイレのリフォームならば、便器や便座の交換だけで半日または1日以内には終わります。
しかし、壁や床の張替えや、配管を変えたりする内装工事は3~5日程度かかることが多いです。
トイレの工事中は他の水回りから、一時的に水回りが止まることがあるので、リフォームを始める前に、確認しておくことをおすすめします。

*お風呂の工期
バスタブの交換だけなら1日程度で終わりますが、ユニットバス全体を交換する場合は浴室内が狭く、作業に時間がかかります。
解体作業、ユニットバス・ドアの取付の他に、水道・電気の内装工事が必要になるため、4日ほどかかってしまいます。
また、タイル敷きの浴室内の床や壁を取り壊し新しくユニットバスにするには、コンクリート工事が必要になるため、4~7日程度かかります。

*キッチンの工期
キッチン設備を取り替える場合は、2~3日程度ですが、キッチン全体のレイアウトを変える工事の場合、電気やガスの配線工事も含め1~2週間かかります。
また、システムキッチンの場合、I 型、L型、対面式などの形を業者によっては、工事を断られるケースもありため、よく確認しておきましょう。

□工期を短くするポイント


自分の理想を全て盛り込めば時間がかかるため、最低限の希望だけに絞ることで作業が減り、工期が短くなります。
また、マンションによっては工事の申請手続が必要な場合もあります。
リフォームの実施中に申請が必要であったことが発覚すると、工事を止めて申請が降りるまで工事を止めなければならない状況になることもあるため注意が必要です。
さらに、リフォームを開始する前に工事機材や人の出入りの妨げにならないよう、環境を整えておくとスムーズに工事が進みます。


□まとめ


今回は、マンションでの水回りのリフォームのそれぞれの期間をご紹介しました。
期間の長さに伴い、リフォームにかかる費用が上がります。
また、マンションの工事は近隣住民に迷惑がかかるので、事前に工事があることを知らせておくことで、トラブルになることを避けることができます。